施工管理求人増加の訳

施工管理求人から見る現代

施工管理求人からわかる経済不況

施工管理求人増加の訳

最近「施工管理」の求人が急増傾向にある様です。【施工管理 求人の情報

それは東日本大震災以降、復旧・復興の為に需要が増えた事もありますが、それ以外にも現代社会の世相が反映されているのかもしれません。

施工管理の採用条件には、学歴や資格がなくても可能な会社もある様で、その会社によっては、資格等をとらせてくれる所もあるのです。

だったらもっと応募者がいてもいいはず。

しかし、とても遣り甲斐を感じる仕事であるけど「施工管理は仕事量が給料の割に合わない」と言う現役や経験者の感想が多い様で、それならば同じく激務で辛い思いをしても、ガテン系でも手っ取り早く稼げる方が、効率が良いと言う人は少なくないはず。

遣り甲斐を見出だす為に「施工管理者」と云う仕事で「夢」を目指す人よりも、不況続きの現代の日本には「施工者」と云う仕事で、確実な「収入源」を確保したい人の方が多いのでしょう。

しかし「施工管理者」がこのまま人員不足となれば、復旧・復興に関する工事や、戸建やマンション等の住宅や、商業・工業施設、ビル等、全ての建物の建設に支障が生じてくるのは確実です。

結局この不況を回復させ、未来に夢を持てる「日本」になる事が必要なのでしょう。